強制退室権限ご利用ガイドライン

あなたはこのルームのオーナーであり、ルームの管理者です。

オーナーは大変強い権限を持っていますが、それだけに、慎重に、かつ公平な判断をもって、この機能を使用するべきかを検討する必要があります。本ページは、強制退室権限を使用すべきケース、使用すべきでないケースのガイドラインを掲載します。

■相手が無言

無言のままの方がいる場合、気持ち悪いと思ってしまう気持ちはわかります。しかし、ちょっと待ってください。以下の様なケースも考えられます。

1.内輪の話に入っていけず、ロム状態になってしまっている

2.あなたがオーナーになる前、最初はしゃべっていたけど、しばらくその場を離れている

あなたより後から入ってこられた方が、挨拶のないまま、10分、20分と発言がなく、何度か声をかけても反応がない、そういったケースは権限を使用するのもやむを得ないと思います。でも、知らない人が無言でいる、ただそれだけで権限を使用することは控えましょう。正当な理由が見受けられない場合、あなた自身が、不当な権限使用者だと判断され、投稿制限を受ける場合があります。

■荒らし、迷惑行為

1.意味のない文字列を連続で入力し続ける

2.話しかけても意味のわからない返答しか返ってこない

3.ニックネームや発言内容が特定の方の中傷や暴言になっている

この様な場合は、迷わず権限を使用してください

■不快な発言だと感じた

あなたの気持ちだけを優先して権限を使用するのは控えましょう。

1.自分が求めていない話題(それまでの話題とは異なる内容)を一方的に続ける

2.場の雰囲気をみだすと感じた(セクハラ、下ネタなど)

3.暴言を吐かれた

あなたと相手が1対1の場合、まずは丁重にお引き取りいただくよう話をしてみましょう。それでも改善されなければ、権限を使用するべきです。

あなた以外にも参加者がいる場合、他の方はどう感じているかも重要です。他の方がそれを受け入れているのであれば、あなただけの判断で、安易に権限を使用するのは間違っている可能性があります。

暴言はどの様な場合もNGです。暴言を繰り返す様な方に対しては、速やかに権限を使用しましょう。でも、だからと言って、あなたも暴言を使って良いことにはなりません。

■嫌がらせ、付きまとい

嫌がらせや付きまといに対して、強制退室権限はあまり有効ではありません。通報窓口からご連絡いただくことをお勧めします。特に、なんど強制退室しても再入室してくるような相手に対しては、強制退室はその行為を助長させるだけです。また、付きまとわれるようになった原因が、それ以前の安易な権限の使用にないか、自分にないか、それも重要なポイントです。

■仲間だけで話したい

その様なニーズがあるのは十分理解できます。でも、チャベリは出入り自由な、みんなのチャットサイトです。特定の人とだけ話したいからといって、仲間以外を常に追い出してしまうことは、不当な権限の使用とみなされます。

オーナー権限はルームの秩序を維持するために重要な役割を持っています。それだけに、正しくご理解いただいた上で、どうしても必要な場面でのみ、使用する様心がけましょう。